指名料などのバックが受け取れるのは六本木のクラブだけ?

時給や日給の相場だけで見れば、六本木よりも銀座の方が高い傾向があります。
高級クラブといってもお店によって額が全然異なるので、あくまでも相場をみたときにはそのような違いがあると思っておく程度でいいでしょう。
ただ、バックの違いに目をやると、六本木の高級クラブと銀座の高級クラブでは、時給や日給の額よりも明確な相違点が見えてきます

キャバクラでは当たり前のように存在している“バック”と呼ばれる給与システム。
これは、成果や成績によってお給料に上乗せされるインセンティブのことで、

  • 本指名バック
  • 場内指名バック
  • 同伴バック
  • 売り上げバック

など、いくつもの種類が存在しています。

でも、銀座の高級クラブでは、このバックシステムがないお店がほとんどなんです

つまり、本指名を受けてもその瞬間に収入が増えることはなく、同伴出勤でお客様をお店に連れてきても、それによって給与に報酬が上乗せされるということがありません。


六本木の高級クラブでは銀座のクラブと異なり、このバックシステムが充実しているお店が多いです。

場内指名があればその度に2,000円くらいのインセンティブが受け取れますし、本指名なら3,000円、同伴出勤をすれば5,000円程度の報酬をすぐにプラスしてもらうことができます。

最初に言いましたけど、日給額で見れば銀座の方が高めなんです。
でも、バックを含めれば、六本木のお店も負けてはいません

どちらに魅力を感じるのかは働く女の子次第ですね。


スライド制による日給額アップが狙える銀座のクラブ

高級クラブの給与システムで忘れてはいけないのが、スライド制ですね。
これは歩合給の一種で、売り上げによって日給額が変わってくるシステムのこと。

最初に言っておきますけど、銀座の高級クラブでは、ほとんどでこのスライド制を積極的に導入しています
六本木の高級クラブは、お店によりけりですね。


これも相場の話になりますが、銀座のクラブでは売り上げが10万円上がるごとに日給が2,000円ほどプラスされていきます。
お店や条件によっては、この額が3,000円になったり4,000円になったりするわけです。
その代わり、売り上げが落ち込めば逆スライドと言って、日給から数千円引かれてしまうのが、このスライド制の特徴

六本木も成績が良ければ時給額や日給額が上がるシステムはどのお店も採用しているので、バックと合わせればかなり稼ぐことができるでしょう。
銀座のお店は、バックがない代わりに各種賞金が充実していたりします
売り上げ賞同伴賞などですね。
他のホステスよりも成績が良ければ、それぞれの賞に応じた報酬を受け取ることができますよ。